破産すれば当然財産はなくなります

1.ローン付きの自動車も手放します
自己破産をする際、身の回りのものや日常生活を再建するためのわずかな必要経費以外は、全部引き渡すことになります。
自宅、土地などの資産以外に、ローン返済中の車も引き渡さなければなりません。
ただし、他人が支払い続ける事に、債権者が同意すればローンを返済すると併せて所有することもできるようになります。

債権調査票いうのは、債務整理をする際に、お金をどこでどれくらい借りているのかを明確にさせるための書類で示したものです。
お金を借りている会社に依頼するともらえます。
ヤミ金に関しては、対応してもらえないこともありますが、その際には、自分で書面を用意すれば問題ありません。
個人再生には複数のデメリットが存在します。
一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に払うお金が上回ったなんて事例もあります。
しかも、この手段は手続きが長い期間となるため、減額となるまでにかなりの時間を必要とすることが多いのです。
ジャパンネット法務事務所

2.債務整理と生命保険の関係
債務整理を行っても生命保険をやめなくて良い場合があるのです。
任意の整理を行っても生命保険をやめる必要はありません。
注意する必要が生じるのは自己破産の時です。
自己破産になった場合には生命保険をやめるように裁判所の方から言われる場合があります。
借金を全部なくすのが自己破産の制度となるのです。
借金で苦しんでいる人には喜ばしいことですよね。
ですが、当然メリットだけではありません。
言うまでもなく、デメリットもあります。
家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。
また、おおよそ10年間ほどはブラックリストというものに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。