認知症予防サプリメントの副作用について

認知症予防のサプリメントは、日本では医療品です。処方箋がないと買うことができないものですが理由があります。まず挙げられる理由としては、認知症予防のサプリメントはホルモンの一種です。日本の法律では、ホルモン系のサプリメントは処方箋なしでは買うことができません。

認知症の予防対策になるサプリメントは、アメリカでは普通に売られています。サプリメントとしてメラトニンを摂取するとどんな副作用があるのか、メラトニンに関しては不明確なこともあるようです。アメリカで販売されている認知症予防サプリメントの商品紹介では、副作用は起きないという書き方がされていたりします。ごくまれに低血圧や睡眠障害、腹痛といった症状が見られる事もあるようです。認知症予防のサプリメントを摂取した人の体調や体質が関係していることも考えられますが、副作用が全く無いとは言い切れないでしょう。

体内に取り入れたメラトニンがどんな作用をもたらしているかは、現時点でははっきりとしないこともあります。メラトニンのサプリメントを飲むならば、この辺のところもよく理解して、摂取するようにしましょう。メラトニンは、子供は使わない方がいいようです。もともとメラトニンの分泌が多いので、時差ぼけや睡眠障害があっても使わないほうが無難です。妊婦さんも、認知症予防のサプリメントは使わない方がいいようです。妊娠している時はホルモン分泌が増えて、バランスが普段と異なるためです。